スポーツベットと税金について

スポーツベットで稼いだお金には実はしっかり税金がかかるというのを知っているでしょうか。このような稼ぎは雑所得と呼ばれる所得になり、年間で20万円までであれば申告する必要はありませんが、所得が20万円を越えれば申告の必要があり、税率に応じて決まる税金を納めなければなりません。

これを怠ると脱税となり、悪質と判断されたような場合には加算金を納めなければならなくなることもありますから、たかがスポーツベットと安易に考えるのは禁物です。ちなみに所得とは収入から経費を差し引いたものです。その収入を得るために必要な経費については差し引いた上で所得を算出することになります。

ところで、スポーツベットなどの場合、収入であれ所得であれ、申告などしなくても税務署に分かることなどないのではないかと思われるかもしれません。これが会社員などの場合はこちらから申告するまでもなく所得は完璧に把握されており逃げようがないのですが、賭け事で得たお金など申告しなくても分からないだろうという考えです。これは、ある意味で当てはまる場合もあります。例えば競馬で馬券を購入し、それが的中して払い戻しを受けたような場合、現金でお金のやり取りをしている限りは税務署は把握のしようがありません。

決して推奨しているわけではなくこれも同じく脱税になることは当然ですが、当たり馬券について申告しなくても普通は分からないだろうというのは確かにそのとおりです。しかし、スポーツベットのように銀行などの口座を通じてお金のやり取りが行われている場合は全く話が別です。この場合は電磁的に記録が残り、税務署もそれを把握できる立場にありますから、たかをくくることはできません。このようにネットカジノランキングに名を連ねているネットカジノですが、税金対策はきちんと行う必要がありますね。