スポーツベットは違法になるのか

スポーツベットは違法になるのでしょうか。日本では賭博罪という罪があり、とにかく何か偶然の要素が関係して結果が決まる物事に対してお金を賭けて勝負するのは犯罪になります。スポーツベットの場合、もちろん実力差ということも大いに関係しているでしょうが、勝負は時の運というか、やってみなければ結果は分からない部分も多いでしょう。

つまり偶然の要素が関係していることは間違いありません。このような物事に対してお金を賭けているスポーツベットは、それだけを取れば確かに違法としかいいようがないかもしれません。ですが、実際に犯罪として逮捕されたり、裁判で有罪になったりすることがあるのかというと実は相当にグレーな部分があります。

それはどういうことかというと、何かの賭け事を犯罪として取り締まるにあたっては、賭けに参加しただけの子だけではなく、賭けを開催している胴元、つまり親のほうも併せて取り締まらなければならないと考えられているからです。これはどこかに明文化されているのかというとそんなことはなく、あくまで現状ではそのようになっているということに過ぎませんが、事実ではあります。

ですから、親が海外にいるスポーツベットの場合、海外にいる人を日本の法律で取り締まることはできませんから犯罪とすることもできません。たとえ日本から日本人が賭けに参加していたとしても、親を取り締まれない以上、子だけを取り締まっても仕方がないと考えられているわけです。

ですから、違法かどうかと問われればグレーゾーンですと答えるしかありませんが、実際に逮捕されたり有罪になったりすることがあるのかと問われれば、現状ではそのような事例はありませんということになります。少しでも安心してプレイするために、オンラインカジノランキングをチェックする際に、必ず胴元がしっかりしたところか確認する必要がありますね。