ワードプレスのパスを相対パスに変更するメリット

ワードプレスの内部のファイルはデフォルトでは絶対パスに設定されています。これはワードプレスでホームページを作成する際に様々なフォルダにデータを格納することが多いため、相対パスで記述した場合このファイルが格納されているホルダーによってはデータにアクセスができないことが発生するためこれを防ぐために絶対パスを用いて確実にデータにアクセスができるようになっているのです。しかし一般的にホームページのソースを作成する場合には、ファイルを同時に移動することも多く、相対パスの方が作成に効率が良い場合もあります。この場合にはワードプレスの設定で全てのリンクを相対パスに変更することが可能で、これを効果的に利用することで場合によってはファイル管理が効率的に行えるケースもあるのでケースバイケースで使い分けることが重要です。

ワードプレスのメリットは、簡単に自分の思い通りのホームページのデザインができるところにあります。一般的にホームページを作成する場合、専用の言語を用いて写真や文字のレイアウトを緻密に決める必要があり、 1部の文字列を変更しただけでそのレイアウトが崩れてしまうことが多いため、編集作業においては常に神経を注ぎながら行うことが重要になります。多くの場合には変更のたびに実際の表示の形式をモニターして確認をしながら作業を進めるため、その効率が非常に悪いと言うデメリットがあります。しかしワードプレスの場合には初めにテーマをしっかりと設定しておけばこのテーマから外れることなく単純にテキストや写真を貼り付けていくだけで簡単にイメージ通りのデザインができるため、非常にスムーズに作業が進むと言うメリットがあり、プロのホームページ製作者でも多くの人が利用するツールとなっているのが大きな特徴です。

このワードプレスの機能を最大限に生かすために、標準的には絶対罰として設定されているファイルのリンクを相対パスに変更することでファイル管理を非常にスムーズに行うことができます。特に変更の激しい通販サイトのデータ等はサーバーを移行する際に同時にデータも移行することが求められ、絶対パスで設定されているとサーバーが変わったときにファイルのリンクが崩れてしまうことが起こります。そのため相対パスを利用することが非常に効果があり、特にファイルの変更が激しい健康食品のLPとデザイン例においては絶対パスで指定するとデータの管理が非常に煩雑になるのに対し、相対パスで指定することでその管理をスムーズにできるようになる例がいくつもあるので、参考にして利用すると非常に効率が高まるものとなっています。